上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この家に越してきたのは約10年前。
早いものだなあ。
結婚式と工房の移転、家のリフォームが一気に押し寄せて、全てにおいて後悔の残る結果になったものだった。
家においてはひどいもので、自分達の理想と大きく食い違っていて、いつかまた好きなようにやりたいねと言っていた。

それが、急遽水道管の劣化により急遽交換という事態になり、床を剥がすならば、フローリングは無垢の木に!というのが始まり。
シンク下のカビ臭さ、壁の塗り直し、色々やりたかった。
でも、いざ工務店にお願いしたら、費用との戦い。

そして、設計士でもいない限り、工務店というものは案を提示してくれないものだなあと思いました。




解体後のキッチン。
それはそれはカビ臭い訳だねと。
外と接する面も多すぎて、雨や湿気で一部の柱は腐っていましたよ~。

今日で10日ほど経ちますが、大工仕事は終わったようで、後はキッチンの接続や私達自身でもDIY。



壁と天井は悩んだ挙句、珪藻土に。
床は杉板にオスモの天然ワックスを塗って。
レトロさを醸し出すヘキサゴンタイルも使ってみようと思っている。
そうそう、ずっと憧れていた男前のハーマンのコンロを取り付けたいと思っています!
きっと、出来上がりは年明けだけど・・・

みんなが遊びに来てくれる家に・・・したいですねえ。
スポンサーサイト


夏のお楽しみ。
陶芸家の加藤祥孝さん(岐阜)と、田中大喜(滋賀)が泊まりで遊びに来てくれました。
確か加藤さんとはいつかの松本で知り合い、田中さんとは千葉の工房からの風というイベントで一緒だったのがきっかけだったような。

色々な人と知り合いますが、こうやって仲良くなれるのは私にとっても嬉しいですが、友人の少ないおしんにとっても有難い(笑)

”悪口の会”と言ってますが、もちろんそんな会ではなく(笑)
ちょっと悪口めいたことも勿論ありますが、仕事の話や野球の話、オリンピックの話・・・
次の日の昼になっても、まだまだ話題は事欠かない。
よく喋りますねーみんな。

ストレス発散と共に、色々な情報もあって、このご縁を広げていきたいと思いました。





7月頃だったかな、粉引の原料の一部が生産終了という知らせ。
困った困った、どうするん~?とおしんに詰め寄る私。

仕方ないよ、自然の原料には限りがあるからと。
代替品でテストをしながらやってますが、まだあまりうまくいきません!

灰粉引はうちの主商品ですので、これをやめることは絶対に出来ない!

焦る私。
ピンチはチャンス、これを機に、違う釉薬を試していたら、もっといいのが出来るかもと前向きなおしん。

本当に、この機会にじっくり釉薬を増やすことも考えていかないと・・・・


秋の展示には何とか器を用意できるように、怒涛の日々は続きます・・・


     


     


ベトナムから帰ってきて、アジア料理をよく作るようになりました。
ナスが庭に沢山出来たので、焼ナス・・・といきたい所ですが、トマトとオイスターソースとニョクマムを混ぜて作るソースが美味しい。

バインセオはベトナムのお好み焼きみたいな物で、ココナッツミルクで上新粉をといたものが生地に→ベトナムでは粉は違っていたけど。


最近の楽しみは、朝のドラマ、トト姉ちゃん。
”ささやかな心がけが小さな幸せを生む”
心に刻みたい言葉です。



おしんの仕事、後半戦がスタートします。
7/30~ 大阪の趣佳さんで、豆皿とプレート展で始まります。

少しづつ納品もしていきますので、販売店様もお客様ももう少しお待ちくださいね。

夏真っ盛りですが、しばらく製作続きますー


製作で休みがないおしん。
でも、家で外御飯は実現させましたー
ハチも羨ましそうでした♪
やっぱり、こういうの、最高ですねー!

        


そして、連休最終日は、大学時代の友人との集まりを我が家で。
この日はギャラリーでお茶をという私の勝手な妄想を実現すべく、クランブルのせのチーズケーキ。
これは美味しかった!成功!

        

女性4人が集まると、どうしても凄い声のボリュームになります。
でも、家カフェだからね、大丈夫。

タイムオーバーでいつも名残惜しく解散。

みんな家族と幸せでありながらも愚痴もチラホラ(笑)
そう思うと、私はあまりおしんに対して不満はないなーって実感。
性格が違うからイラっとすることはあっても、価値観がぴったり一致だからストレスはない。
一番の夫婦のいざこざは、お金だよね・・・
うちは、節約が身に沁み込んでいるおしんだから、むしろもう少し自分の為に使っていいんだよと言いたくなる。

長かったゴールデンウィーク。
さあ、いよいよ5月。
倉敷、松本、東京へ行きますよー





        
        
        


連休は、おしんが器製作の佳境なようで、私は一人で家のことをしたり値付けを手伝ったりしております。
もう少し余裕を持って仕事をしないといけないねと話しています。
体を壊すのが一番怖いので。

そんな中、本を読むことが楽しいと改めて気づくこの頃。
『世界から猫が消えたなら』
ずっと気になっていたので、読んでみました。

脳腫瘍で死ぬと宣告された主人公。
そんな中悪魔が現れて、一つ何かを消したら命を延ばしてやると言われました。

映画、電話・・・猫・・・
猫がいなくなるというところで、愛するものをなくしてでも生きたいのかと自問自答。

世の中、無くなってこまるモノなんてそんなに多くない。
大切なものは、自分の周りの人。
そう思わせてくれる本だった。

いつ、何があっても後悔のない生き方・・・なんて、そう出来るもんでもない。
でも、やりたいと思ったことは今やるべき!

まずは、連休のバーベキュー(笑)


| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。